恥をかかない、失敗しない人気のお中元ギフトを紹介しています。

お中元ギフトの人気ランキング

お中元ギフト・TOP > 相手が喪中の間の場合
相手が喪中の間の場合

喪中は慶事を慎むものとされています。しかしお中元は季節のものであり、お世話になったことに対するお礼の意味を込めて贈るものですから慶事ではありません。送り手、受け取る相手のいずれかが喪中であっても贈ることに問題はありません。

しかし初七日が終わらない内はやはり避けた方が良いでしょう。また法事の日に自宅に持参するのも相手のご迷惑になりますので日を改めた方が良いでしょう。その際あらかじめ先方に電話で伺う都合の良い日にちを確認しておくと確実です。また少し時期をずらして暑中見舞いや残暑見舞いとして贈れば問題はありません。

ただし喪中の相手にお中元を贈る際には紅白の水引やのし紙は避けるようにしましょう。そのような場合には白無地の短冊に「御礼」「暑中見舞」などと書くだけにします。

デパートなどで品物を手配する場合にはたいていは店員が心得ていますので相談の上、シンプルな短冊などを使用してもらうように頼めます。

また送り手が喪中で四十九日の忌日が明けていない場合にどうしても気になるようなら、あえてお中元を出す事は止めて、次の機会に前回は喪中であったために失礼したことを詫びた上で、少し高めの品を渡すと良いでしょう。

喪中にお中元を贈る際には通常の挨拶状に必ず「この度は御愁傷様です」「心からお悔やみ申し上げます」などと言った慰めの言葉を書き添えるようにします。

またキリスト教などでは喪中の考え方が違いますから、お中元を贈ることはまったく問題ありません。

関連エントリー
Copyright © 2009 お中元ギフトの人気ランキング . All rights reserved